オーディオ専門店 U-AUDIO(ユーオーディオ)|オーディオの購入、買取・下取は専門店に。


USED NEW オーディオリンク集
オーディオお買い得品
在庫有り、即納品
ジャックス分割払いWeBBy
オリコwebクレジットシミュレーション
2023年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
定休日: 日、祝日
CH Precision

CH Precision (CH プレシジョン) の紹介

CH Precision (CH プレシジョン)は、2009 年 に、Florian Cossy と Thierry Heeb 両氏により設立された新しいブランドです。
ブランドは新しいですが、今まで世に登場したハイエンドオーディオ機器の多くの製品にOEM メーカーとして関わってきました。音質はもちろん、操作性、拡張性など、オーディオファイルを満足させるさまざまな要素を高い次元で満たしています。

元々デジタル分野のエキスパートチームですが、近年は純粋なアナログプリのL1、圧倒的な駆動力のM1と、アンプ分野でも傑作を生み出しています。

また、定期的なファームウェアのアップデートも行われております。これは、ファームウェアのデータをUSBにダウンロードし、背面に挿すだけで対応できます。最新のファームウェアは、本国ページ(https://www.ch-precision.com/)もご覧ください。各商品ページにファームウェアのダウンロードファイルが置いてあります。ご不明な点はご相談下さい。

CD/SACDプレーヤー D1.5
CH Precision D1.5

最後のディスクプレーヤーに相応しい名機です。

10年の時を経て、D1がD1.5へとモデルチェンジしました。

EsotericからDENONのメカをベースに、モーターとピックアップレンズ以外はすべてCH Precisionがスイス本国で独自開発したMechanically Optimized Reading Systen(MORSe)メカニズムを搭載。振動対策、回転精度、安定性、すべてにおいて「D1」を凌ぐ究極のCD/SACDプレイヤー・トランスポートです。

D1と比べても気配感までわかるような静けさと情報の向上を感じ取っていただけます。

商品詳細/購入ページへ

D/Aコンバーター C1
CH Precision C1

現代ハイエンドDACを代表するに相応しい、どこまでも透明で見通しの良い機器です。 PCM信号は PCMに保たれたまま、特許技術の CH-HiDプロセッシングによって 705.6kHzか 768kHzにアップコンバートされ、DSD 信号は DSD stream に含まれる高周波ノイズを除去するため、PCMの 705.6kHz に変換してから、デジタル領域でフィルタリングされます。

この製品ならではの機能として、1チャンネルあたりに使用されている4つのD/Aチップの個体差を取り除くキャリブレーション機能を搭載。少なか らず存在するチップの個体差を DSPを駆使して、いつでも好きなときにフロントノブから簡単な操作で補正ができます。キャリブレーション後は音の定位や位相が改善されます。 C1自体が高精度のボリューム可変機能を搭載していますので、プリアンプとして直接パワーアンプへ接続する事も可能です。

オプションのUSBボードで、DSDにまで対応したUSB-DACに、イーサネットオーディオストリーミング入力ボードを追加すればネットワークプレーヤーとして使用も可能です。 現在はアナログ入力ボードも用意されています。

商品詳細/購入ページへ

10MHzマスタークロック T1
CH Precision T1

D1およびC1はオプションのクロックボードを装着することで外部クロックを受けることが可能です。

元々の内蔵クロックの精度が高いため、中途半端なクロックは使わない方が良いことも多く、あまり外部クロックの必要性を感じていませんでしたが、純正クロックT1の効果は絶大です。 ルビジウムではなく水晶を使用し、振動やノイズ対策に徹底的にこだわった製品で。

今まで数々のクロックを聴いてきましたが、最高峰の1つといえるもので、フォーカスが合うというレベルを超越して、音の粒子が無くなってアナログのような滑らかな音になる印象です。音色の濃さ、艶のようなものも感じます。

当店ブログ紹介記事はこちら

商品詳細/購入ページへ

プリアンプ L10
CH Precision L10

新時代を予感させるプリアンプです

ついに"1シリーズ"の上位モデルである"10シリーズ"が登場、第一弾としてプリアンプが発売されました。

同社はデジタル、アナログ、アンプと各カテゴリーにおいてそれぞれ高く評価される傑作をリリースしていますが、どれもロングランで不用意なモデルチェンジを行っておりませんでした。かつてここまで高いSNと音の強さを併せ持ったプリは存在しなかったと言っても良いでしょう。L1と強化電源X1を組み合わせたレベルのさらに上の世界があるとは想像できませんでした。

当店ブログ紹介記事はこちら

商品詳細/購入ページへ

プリアンプ L1
CH Precision L1

驚異的なSNと、音の安定感。新世代のプリアンプです。

元々透明感には定評のある同社ですが、その中でも静けさ、音の安定感は驚異的なレベルです。プリアンプ自体は、純粋なアナログアンプですが、同社が得意とするDSP技術を駆使し、各入力毎に、繋いだ機器に合わせてわずかなDCオフセットを完全に除去します。

この機能を使うと、音の安定感がさらに上がり、全帯域に音が満ちるような、エネルギー感が出てきます。また、往年の名器と言われているような古い製品に対しては、不要なDC成分を除去することで、その機器のポテンシャルを再認識できます。

商品詳細/購入ページへ

パワーアンプ M1.1
CH Precision M1.1

圧倒的な駆動力。

「1」シリーズ最高峰のパワーアンプに相応しい製品です。
見せかけではない真のドライブ力で、一般的に鳴らしにくいと言われるスピーカーでもドライブします。基本的にゆったりとした鳴り方ではなく、ビシッと締まる鳴り方をしますが、フィードバックやゲインの設定で好みの鳴り方に微調整することも可能です。

当店で以前にMAGICO Q7とういド級のスピーカーを展示しておりました。新旧様々なパワーアンプを組み合わせてみましたが、CH PrecisionのM1がもっともQ7を駆動していると感じました。後継のM1.1は新型の大容量キャパシターを搭載。 厳しい負荷で低いESR(等価直列抵抗)を保つ能力を大幅にアップさせることで、 明らかにサウンドクオリティを向上させることに成功しています。

商品詳細/購入ページへ

パワーアンプ A1.5
CH Precision A1.5

A1の後継モデルですが、上位モデルといえる位、大幅にアップグレードしています。

A1はD1やC1と同じサイズという制約の中で作りこんでいましたが、背を高くしたことで、物量的な制約が大きく緩和されました。パワーアンプとしてちょうど良い、サイズ感、重量感です。それに伴い、スケール感や駆動力も大きく向上しました。1台でステレオとして使用するほかに、2台によるブリッジ、バイアンプ駆動と発展することも可能です。

また、フィードバックやゲインの数字を細かく調整できますので、あらゆるスピーカーに対してベストなパフォーマンスが可能です。

当店ブログ紹介記事はこちら

商品詳細/購入ページへ

強化電源 X-1
CH Precision X1

同社のD1(SACDプレーヤー)、C1(DAC)専用の外部電源です。
D1 dual monoにて接続してみると、D1にC1を追加した場合のさらなるキメの細かさ、空間の広がりに対して、X1を追加した場合は、密度感が増し雄大な表現力を備えます。 一聴してわかる変化です。
D1からのアップグレードとして考えた場合、C1を追加した場合とは違った良さが出ますので、選択肢が広がる事は素晴らしいと思います。

商品詳細/購入ページへ
u-audio
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3-25
住友神保町ビル1F
TEL: 03-6256-9002
FAX: 03-6256-9003
E-mail: info@u-audio.com