オーディオ専門店 U-AUDIO(ユーオーディオ)|オーディオの購入、買取・下取は専門店に。


USED NEW オーディオリンク集
オーディオお買い得品
在庫有り、即納品
ジャックス分割払いWeBBy
オリコwebクレジットシミュレーション
2022年 06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
定休日: 日、祝日

Analog System

新品アナログ関連 > ES-001 stabilizer / DS AUDIO
ES-001 stabilizer / DS AUDIO
商品コード
定価 605,000円 (税込)
販売価格 0 円 (税込)
数 量


商品詳細

DS AUDIO  ES-001 stabilizer

申込み受付中です。価格はお問い合わせ下さい。
 

偏心を検出&調整出来るスタビライザー。
ワウ・フラッター(回転ムラ)の支配的な要因であるレコードの偏心を取り除かない限りワウ・フラッター(回転ムラ)を減らすことは出来ないレコードの偏心から発生するワウはターンテーブル自体から発生しているワウ・フラッターよりも遥かに大きいため、レコード再生システムにおいて原音を忠実に再生する為にはレコードの偏心を可能な限り減らす必要があります。
仮に偏心幅が0.34mmあった場合、ターンテーブル自体のワウ・フラッター値が良いもので0.008%程度であることを考えると偏心により発生するワウフラッター値は一桁以上大きく約20倍にもなります。これがどういうことを意味するかというと、偏心から発生するワウによってターンテーブルシステムの全体のワウ・フラッター値はターンテーブル単体のワウ・フラッター値よりも20倍以上悪化しているということで、レコード自体の偏心を取り除かない限りどんなに高価で回転精度の良いターンテーブルを購入したとしてもシステム全体としてのワウ・フラッター(回転ムラ)を減らすことは出来ません。
ワウ・フラッター(回転ムラ)の元になっているレコードの偏心を取り除くことで、システム全体のワウフラッター(回転ムラ)を劇的に減少させることが可能となりご使用中のターンテーブルシステムの真価が発揮されるようになります。

偏心があることで 1,周波数の変動が起きる、2,カートリッジが大きく揺さぶられる といった問題が発生するワウ・フラッターの値が高い(回転ムラが大きい)と大きく分けて2つの問題が発生します。
一つ目は回転が不安定であることによって正しい周波数で音が再生されないということです。仮に3kHzの音がレコードに刻まれていたとしてもワウ・フラッターが大きいと3kHzの音として再生されません。これは録音されたパッケージを忠実に再生する為の再生システムとしては非常に大きな問題となります。
また偏心しているレコードをアームがトレースする場合カートリッジは左右に大きく揺さぶられ、動作中心から大きく離れた状態でトレースを行うことになり左右チャンネル間の位相ずれが発生し、聴感上も音の濁りや音像の不安定さをもたらしてしまいます。
このような問題を解決する為にもレコードの偏心は可能な限り取り除く必要があります。

*注)ディスク吸着機能付きアナログ・レコードプレーヤーでは本来の性能が出せない場合があります。
 


保証:メーカーに準拠

DS AUDIO ディスク・スタビライザー 

 

最近チェックした商品
u-audio
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3-25
住友神保町ビル1F
TEL: 03-6256-9002
FAX: 03-6256-9003
E-mail: info@u-audio.com